5月2日の「しくじり先生」オリラジ中田がマルクス論、資本論、ソ連の崩壊などを説明 解説がわかり易いと評判

オリラジ中田が話題

マルクスの資本論を解説

本日、しくじり先生に出演したオリラジ中田が資本論を説明。その解説がわかり易いと話題に。



 

5月2日に放送されたテレビ番組「しくじり先生」では、オリラジ中田が先生として、マルクスの資本論を解説。

「マルクスはヒモでニートだった」など、独自の解釈を前提に、資本論から、ソビエト連邦崩壊に至るまでの過程を説明。

ネットでは、「めっちゃわかり易い」「説明が上手」「すごかった」「学校の授業なんかよりもずっと良かった」など、称賛の声が殺到。

(ネットの反応)

➡オリラジ中田の薄っぺらいマルクス解説で、 「なぜお笑い芸人は『実は頭がいい』と思われたいがためによく知らない事柄を語って失敗するのか」 という普遍的な命題を思う今日この頃。東八郎は偉大だったなあ。

➡今夜のしくじり先生、圧巻だったなあ。オリラジ中田のマルクス→ソ連しくじり解説がへたな学校の授業よりずっとわかりやすい。「人間の弱さ」が理想を砕いてしまうんだね。

➡テレ朝・しくじり先生・オリラジ中田のカール・マルクス&資本論&ソ連崩壊の話、素晴らしかった。社会の授業に使ってもいいくらい。最近テレビがつまらない・下らないと思うが、こういう大きな情報・知識量を簡潔に見せることが出来るのはテレビだけ、ラジオ・本では無理だとテレビの力を実感。

➡「しくじり先生」のカール・マルクス回、最高であった。「マルクスはヒモのニート」と紹介されて散々クズ呼ばわりした後「でもそれは彼の中ではしくじりではない」から「資本論で熱狂した人々の作った共産主義国家が大失敗した」に繋げて、それを講義するオリラジ中田の狂気じみた振る舞いも良かった




 

中身がない、嘘ばかりなどの声も

しかし、一部では、オリラジ中田の説明に対して「内容がない」「嘘ばかり」など批判的な声も上がっている様子。

(ネットの反応)

➡#しくじり先生 で「資本論」の中身も知らないでドヤ顔でマルクスdisってるオリラジ中田の惨めさったらないな。そしてその台本書いた作家は、マルクス生きてたら名誉毀損で訴訟起こされるレベルの酷いもの書いてるって事を自覚した方が良い。ソ連をマルクスの失敗にする時点で0点。

➡オリラジ中田がマルクスの資本論を2行にまとめる。いやいや「格差をなくそう」なら1行ですむはずだが(^^)

➡オリラジ中田のマルクスってこれめちゃくちゃアカンやつになりそうやけど

➡オリラジ中田のマルクス資本論。 非常にわかりやすいけど、ツッコミどころ満載やね

➡オリラジ中田解説による「カール・マルクスが『死後』に犯したしくじり」。エンターテインメントとしてはおもしろいですが、そもそもマルクス自身のしくじりではないのでは?という疑問は残ります。

➡オリラジ中田くんがしくじり先生で 弁は達者だけど中身がまるでない 俗に言う私大文系芸キメまくってるけど、 慶應経済やったらさすがに「マルクスがソ連崩壊後させた」とかレポートに書いたら まず単位落とすやろ と、マルクス資本論なんぞ1分も勉強したことないわいが呟いてみる

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • 人のしくじりをドヤ顔で語ってるのはせこい芸風だと思うなー。他の出演者は身を切りながらしくじりを伝えるからこそ面白さや言葉に深み重みが出てくる。
    中田の芸風はしくじり先生っていう枠組みを利用した乗っかりネタに過ぎないから伝わるものも少ないし、うすっぺらい。

    by 匿名 2016年6月21日 10:12 PM

  • 中田は自分のしくじりを身を切ってやった回が伝説的に高評価で
    それを受けてあのコーナーを任されてるんだけどね

    by 匿名 2016年6月27日 7:31 PM

  • 中田も自分のしくじりを身を切って伝えてるってことは↑の方が言ってくれてますが

    >人のしくじりをドヤ顔で語ってるのはせこい芸風だと思うなー。
    に関しても、そもそも偉人伝っていう番組の趣旨だろって話なんですが。

    by 匿名 2016年7月28日 1:15 PM

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP