自民党の丸山和也議員「米国は黒人が大統領」発言、一部では正しいと擁護の声も

自民党の丸山和也議員が差別的発言?

憲法審査会の発言が問題視

自民党の丸山和也議員が、憲法審査会において、「たとえば、日本が米国の51番目の州になることに憲法上どんな問題があるのかないのか」「(日本が51番目の州なら)集団的自衛権の問題は起きていない。拉致問題すら起きていない」と発言。




 
続いて、もし日本がアメリカの州になると日本人のアメリカ大統領が選出される可能性もあるとしたうえで、「米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ。まさか米国の建国の時代に、黒人奴隷が大統領になると考えもしなかった」と述べた。

丸山議員のこうした発言が、オバマ大統領に対する人権侵害、差別的発言だと各メディアが連日放送するという騒ぎに。

ネット上でも、「とても日本人の発想とは思えない」「弁護士による差別的発言を許していいのか」など、批判的な声が殺到している様子。

ネット上では丸山氏を擁護する声も

ただ、今回の発言について「メディアの揚げ足取りだ」などと丸山議員を擁護する声も少なからずあがっている。

たしかに、文脈からみると、丸山議員が主張したかったことは、オバマ大統領が奴隷かどうかということではなく、現代のアメリカでは奴隷であっても大統領になることができる、という点にある。

また、「日本がアメリカの51番目の州に」という点についても、たしかに、そうすることで安全保障上の問題の多くは解決するのかもしれない。

こうした点から、丸山議員の発言について「行っていることは論理的に正しい」とするネット上の声が一部では上がりつつある。

ネットの反応




➡橋下さんも丸山さんも音声で聞き流すとギョッとするけど、文字起こしして読むと正しい事が多い。弁護士は文字で仕事してるから、だろうなぁ~。

➡さすが丸山弁護士、感覚としてはアメリカにいただけはある。喋りが下手くそすぎるけど。彼の発言が批判されても仕方ないが、日本の世間が米国の肌色の歴史とか問題、認識を「正しい感性」で差別だとか騒ぐのは滑稽。出身なんて全然関係ない。実際に大多数の層にとって大きな変革だった。それでいい。

➡昔なら黒人が奴隷だった~なら正しい~言葉足りなすぎ~~でもマスコミの「オバマ大統領を黒人奴隷呼ばわり」もはしょり過ぎ~~丸山議員の言いたかったことは「日本人も大統領になれるかも」なのに、ねじ曲げ過ぎ?

➡丸山和也議員、「黒人は奴隷、アメリカは奴隷が大統領」!これは正しい。なぜなら、政府、特に自民党たちの意識や戸籍、国籍や血筋、遺伝子もまたアジアの白人を怒鳴る特定アジア系(特に韓国)だから。

➡日本中にアメリカの基地があるような状況で、いっそのことアメリカの州に、という丸山議員の感覚は非常に興味深いし、案外それでうまくいきそうな気もする

➡日本人大統領が生まれるかもしれない、というのが丸山議員の言いたかったことなのに、なんでネトウヨは丸山議員を叩くんだろうね??

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
佐野ひなこが嫌い!黒い噂や性格「全裸キス画像流出」「友人から嫌われている」「整形疑惑」
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP