プロフェッショナル仕事の流儀 犬の訓練士「中村さん」に対して「虐待・躾が間違い」など批判する声

中村訓練士

炎上の経緯

心無い声にネット上では批判が殺到



 
29日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」では、犬の訓練士を特集

飼い主に噛みつくなど狂暴になってしまった犬のみの訓練を請け負う中村さん

厳しい訓練の様子に一部では視聴者から「虐待だ」「愛がない」など批判の声も

しかしネット上では、「虐待ではない」「自分勝手な飼い主のせい」「批判する意味がわからない」など




 

(ネットの反応)

➡ひとこと断りを入れるとあのトレーナーさんの方法を前面的に肯定してるわけではないです。訓練もうちの先生とはやり方が全く違います。私自身もそれはどうかなと感じるところもありました(扱ってる頭数が多すぎる、安全対策など)

➡虐待なんてもってのほかだし、しつけが間違ってるとかも良くないだろうとは思う。だけど、わんわんも、飼い主さんも、誰も悪くないけどそうなっちゃう事もあると思う。

➡難しい犬と賢い犬って同じなんだろなあ。欲がない犬ってイタズラあんまりしないし、欲がある子ほどイタズラ酷いけど教えればこちらに応えてくれる。でもどちらがいいということもない。飼い主のタイプと犬のタイプが合うか合わないかだけ。

1 2


コメント

  • ばかばっか

    by 匿名 2018年2月6日 3:50 AM

  • 虐待を肯定する日本人、虐待と非難する人の意見を逆に封じ込めようとする世論、
    虐待と躾の区別もできないような奴らのコメント、
    日本は終わってると思うわ。
    こういう「体罰」か「捨てる」かの2択しか考えてない自体、
    もっと他の手段を無い頭で捻り出したり、他の選択肢を考えようとしてるのか?と聞きたい。
    首絞めたり殴ったりの必要がどこにある、あれは躾ではなく紛れもない体罰=虐待。

    虐待を虐待と叫ぶ人の言論を封じ込めようとするような批判記事、投稿ばかりで、
    逆に気持ち悪いし、裏で何かが情報操作されている感すら感じる。

    なんせNHKだからな、過去にやらせ番組も制作した。最後犬を抱き寄せるところも芝居・演出にしか見えなかったわ。視聴者の意識誘導。
    あんだけ犬は悲惨な酷い声で泣いていたのが、結局あの訓練士のやっていることを物語っている紛れもない事実。

    動物の首を絞めることや殴ること含めて体罰を賛同する世の中に疑問しかない。

    本当のプロは、動物の心理を理解し、危害を加えないやり方で躾できる。
    故に、犬に危害を与えて力づくでしかできない人は、プロフェッショナルではない。

    by 匿名 2018年2月6日 4:07 AM

  • わんこや動物の首を絞める行為、異常としか言えない。そんな発想どこから来たんだろ。ろくな人生送ってないんだろう、このジジイは。

    by 匿名 2018年2月6日 5:39 AM

コメントを残す




関連記事

Menu

HOME

TOP