目黒区の中学校の副校長、ビラ配布の高校生を私人逮捕して苦情殺到で炎上「人権侵害」

目黒区の都立高校に通う高校生が、近くの中学の副校長に私人逮捕された。 社会
スポンサーリンク

目黒区の都立高校に通う高校生が、近くの中学の副校長に私人逮捕された。

報道によると、この男子高校生は行動上で水泳授業のあり方について問題を提起するためのビラを配布していたという。

すると、近所にある中学の副校長がこの高校生を私人逮捕。

容疑はなんと「公務執行妨害罪」。

警察に引き渡された高校生はそのまま勾留されることに。

この高校生は、最終的に処分保留で釈放されたものの、20日間にわたって警察に勾留されて取り調べを受け、さらに家宅捜索まで受けていたという。

副校長による私人逮捕の様子は、高校生に撮影され、動画がネットに公開された。

公開された動画によると、高校生は副校長に暴力などを振るっておらず、私人逮捕に対する疑問や批判の声があがっている。

私人逮捕が違法にならないための2つの条件
私人逮捕とは、目の前で犯罪が起きた場合に一般人が犯人を逮捕することをいいます。 ただ、私人逮捕が認められるには条件があり、その条件を満たしていないと、違法行為になってしまう可能性があります。 具体的には、暴行罪や監禁罪として逆に...

以下、ネットの反応

「個人のみの問題にしないで、是非とも弁護士会を立てて学校とこの副教頭、教育委員会に対して人権侵害の賠償訴訟を起こすべきだ」

「なんて悪質な怒りマーク20日間留置⁉︎民主主義国家かここ?しかも高校生相手に⁉︎狂ってる!メディアが叩くべき事件だろ!」

「家宅捜索??完全な人権侵害ですよ。その副校長、PTAで吊し上げて欲しいです。異常だと思う。」

「動画をみると、副校長と言われる方は、明らかに凄んでいるようだし恫喝に近い感じを受ける。何だか「当たり屋」のような印象すら受ける。本当に教育者なのでしょうか?」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました