Gackt(ガクト)が嫌い、性格の悪い噂や黒い噂「ぼっち」「ICONIQの熱愛は売名」「愛人と隠し子」「義援金詐欺」etc

 

Gackt(ガクト)が嫌い。黒い噂や性格の悪い噂

Gackt(ガクト)はぼっちだった

香港で行われたチャリティーイベントに出席したGackt。

このときGacktは後方の席だったが、前がいいと突然ごねだした。これに対して香港国際映画祭の代表がGacktに席を譲ったため、ガクトがキアヌリーブスと同じ席に座ることになった。

しかし、各国のメディア関係者らは、「この人はいったい誰なんだろう」とキアヌと同席するガクトには場違いのような冷たい視線が集まっていたという。

 

Gackt(ガクト)とICONIQの熱愛は売名だった

Gackt(ガクト)と熱愛関係にあるとして有名なのが女性シンガーのICONIQ。この二人、確かに交際していた事実はあるようなのですが、そのことを利用してマスコミに自分たちの名前を売っていたとか。姑息なやり方に一部のファンからは冷たい言葉が集まっています。

「ICONIQは7月に写真展が予定されているし、GACKTも舞台やコンサートが控えています。例えプライベートの話題だったとしても、自身たちがメディアに大きく取り上げられるのは好都合だったはず。しかしあまりにもタイミングが良すぎること、さらにエイベックスからも『こうすれば話題になるでしょ?』みたいな空気が感じられてしまい興ざめですよ」(ワイドショーデスク)
http://www.cyzowoman.com/2012/07/post_6213.html

 

Gackt(ガクト)には愛人と隠し子がいた。

私生活がかなり謎に包まれていて、そのことが逆に人気の理由となっているガクトさん。しかし、このたび、ガクトは、国税局から査察を受けることとなってしまい、その過程で、実は愛人と隠し子がいることまで、発覚してしまったのだとか。

GACKTの不透明な蓄財に東京国税局査察部(通称マルサ)が強制捜査に乗り出した。さらに海外には愛人と隠し子までいることが明らかになった。

8月28日朝、東京・世田谷区役所に近い4階建てマンションの前に、ダークスーツや白いワイシャツ姿の東京国税局の査察官たちが集結した。マルサが査察に入ったマンションには、GACKTの芸能活動に関わる事業を行っている「ゴーディーホールディングス」本店のほか、本人や親族の自宅もある。

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1762

 

Gackt(ガクト)は義援金詐欺を行っていた

大金持ちのイメージをひたすら大事にしているガクトさん。ですが、その金の出所はというとかなり怪しいとの噂が。事実、彼のCDがそれほど売れているという話もなく、現実的に、何でそんなに稼いでいるのか不明。そんななか、噂されているのが、こともあろうに義援金詐欺。現段階では裁判などにはなっていないため、真相は明らかではありませんが、これが本当だとしたら、大変なことに。。。

3.11後に集めた義援金ですが、私は長谷川氏の側近から4億円近く集めたと聞きましたが、現時点で約2億円の寄付しか実施されていない。明らかにおかしいと思いました。それに、義援金を集めた後の昨年5月くらいから、GACKTも長谷川氏も海外旅行に行ったり、高級品を購入したりと、それまでになかった贅沢を始めたんですhttp://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20120928/Cyzo_201209_post_11562.html

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  • うんうん

    by サハラ 2017年2月27日 11:04 PM

コメントを残す




関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP