防弾少年団「キムテヒョン(テテ)」、タグ#outV と#needVが対立して炎上 「反日、整形、性格悪い」

キムテヒョン(テテ)炎上

タグ#outV が流行

「防弾少年団」のテテ、反日発言などで炎上、新しいタグ#outV が飛び交う。



 

本日、韓国の人気アイドルグループ「防弾少年団」のキムテヒョン(テテ)の反日発言を巡り、ファン同士で争いが起きている。

テテは、先日、韓国で行われたサイン会で、日本語で話しかけてきたファンに対して「ここは韓国だ」と発言したという。この発言が波紋を呼び、日本国内では炎上。

タグ、#outVが流行

ツイッターなどには、「テテウザい」「反日整形野郎」「防弾少年団から抜けろ」などの発言が多くあがった。

その影響から、ツイッターには、#outVという新しいタグが流行しつつある。テテはファンらにVという愛称で親しまれていたことから、「テテ脱退」という意味らしい。




 

(ネットの反応)

➡テテが可哀想だから叩くの辞めて?テテも傷付いてる?どこをどう見て傷付いてると思えるのか不思議でならない。彼が申し訳なさそうな素振りをしたのは振替公演の日だけ。それ以外は媚びた日本語ツイートのみ。キムテヒョンよりもファンの方がもっともっと傷付いてズタズタに裏切られた。 #outV

➡ぶっちゃけ私が #outV 使い始めたのはサイン会が理由じゃない全く違うんだよーサイン会はどうでもいいんだよ、あっ反日だなくらいしか思ってない、あの「スーパーマン」発言と行き過ぎた4次元、空気の読めなさが本当に許せないんだよ、ユンギは長文載せてる時Vはヘラヘラして、許せるもんかよ

➡奴を初めて見たときこいつは本物のやばい奴だと思った^o^反日ドタキャン少年院^o^

➡だって反日なんだもん。 つか裏切った方が悪いっしょ〜〜 え。てかいつまでARMYとか言ってるわけ。大丈夫かよ。まじで。 気づけよ〜〜どーせ裏切られんだよ #outV

➡調子に乗りすぎだろ、なんだよ「ここは韓国だ」って。前々から生意気な態度とか気に入らなかったんだよね!!さっさと抜けろ#outV

➡outVっていうタグすごい広まってるね。 守ってるARMYの気持ちもわかるし outV言ってる人の気持ちもわかる。 ここは韓国だ。っていう言葉には悪い意味にもとらえられるし、韓国人が日本語で話したからここは韓国だよ?って言っただけかもしれないし 人それぞれの解釈だよね。

➡いやテヒョン必要ねーだろ、クソ整形野郎はさっさと抜けろや#outV

 


コメント

  • happyさんと(*°▽°)ノさんと愛さんは同一人物ですか?まぁ、私もそう思います!

    by グクジミンペン 2018年8月8日 10:36 PM

  • 韓国人のほとんどの人は反日だよ。なのに韓国の教育に逆らうの?しょうがないよ韓国は韓国、日本は日本なんだよ。韓国は整形は普通だって思っているし、でも、日本は整形は普通のことだと思ってないから、『クソ整形野郎』とか言えちゃうかもしれないけど、グループ抜けろは酷すぎ。テテはBTS入るまでどれだけの苦労してきたか分かる?知らないからそうやって酷いことが簡単に言えるんだよね?テテのことちゃんと知らない人でそう言うこと言う人はそうやって言う権利ないよ?

    by グクジミンペン 2018年8月9日 8:25 AM

  • ARMYの気持ちとか考えたら?って言うのは関係ないとか言ってる人も、そろそろ気づけば?って言ってる人もいれば、テテは必要ないって言ってる人もいるけど、テテの苦労分かる?デビューするまで、そして今の苦労、テテデビュー出来るか分からなくて、毎日毎日が怖かったって言ってるよ?なのにデビューしてからでも叩くの?酷すぎる。自分がテテの立場だったらって考えたことある?無いよね、そんなひどいことが言えるんだもんね。どうせ、嫉妬だよね。I NEED UのイベントドタキャンしてからARMYから、アンチに変わったのかもしれないけど、それはしょうがないと思う。でも、叩くのはおかしいよ。そして、何で、裏切られるって分かるの?

    by グクジミンペン 2018年8月9日 8:39 AM

  • ↑この私の意見に同意の方はコメント下さい

    by グクジミンペン 2018年8月9日 8:40 AM

  • 同意ー!

    by 匿名 2018年8月22日 3:42 PM

  • だからって売れた瞬間調子に乗って反日発言するのはちげえだろ。そりゃ苦労は認めるし(上からでごめん)ダンスも歌もbtsは凄く秀でてる。人気になれたのも頷ける。けどさすがにこの発言は調子乗ってる。元々よく思ってない人が叩いてしまうのも分かる。

    by あ。 2018年9月13日 9:56 PM

コメントを残す




関連記事

Menu

HOME

TOP