TBSの新春ドラマ「都庁爆破!」がクソ酷いと叩かれる「ダイ・ハードのパクリ、PASSCORDかよ、つまらん」

新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」

炎上の経緯

あまりに酷いとネットが荒れる



 
2日、TBSでは新春ドラマスペシャル「都庁爆破!」を放送

主演は長谷川博己、吉川晃司、寺島しのぶなどのキャスティングで注目を集めた

しかし放送が始まると酷過ぎるとネットが荒れる

「全く面白くない」「つまらない」「政治批判したいだけ」「時間の無駄」「ダイハードのパクリ」など




 

(ネットの反応)

➡正月にクソドラマに家族みんなでツッコんで家族の連帯を強めるためのドラマだったんだな!

➡話はクソほども面白くないのにテレビ局側の政治批判入れたい意図は隠しきれてないからただただ痛々しい演出になってるんだけどこれgoサイン出したテレビマン転職考えた方がいいんじゃない?

➡地上波でここまでの、何見たのかあんまり記憶にないレベルのクソTV映画を見ることになるとは思わなかったぞほんと 新作で、一流俳優投入してきてこれってのはすごいレアなのでは

1 2


コメント

  • あれだけ素晴らしいキャスト揃えておいて
    これですか?って感じ。首相がリリーフランキーってのもね〜〜
    冷酷なテロリストの方が合ってると思うけど。
    製作費以前の問題。
    テロリスト達弱すぎ、ってか銃持ってるのに銃使わずナイフで戦おうとしてやられるシーンには、失笑しました。決行直前に求人誌で募集した素人集団なのか?
    新春からこんな酷いドラマに釣られたおいらがバカ?

    by ユウタロー 2018年1月3日 3:48 AM

  • 【ツッコミポイントまとめ】

    ⚫都庁入口を規制してた警察をケインが一人で武力制圧
    ⚫弾を避ける為に横の小部屋へ回避したはずのケインが物理的に移動が不可能な位置にある天井から登場
    ⚫首相が全くやる気ない
    ⚫朝美の肝っ玉が尋常じゃなく座っている(○パパと話せないからと携帯出さない○銃口向けられながら歌い出す○惨劇を見た直後にも関わらず「お腹空いた」発言)
    ⚫SIT突入の緊迫した状況下で消防隊員の私情を挟んだ会話
    ⚫マシンピストルを持ってるのにナイフの近接戦を自ら仕掛けるテロリスト
    ⚫腕を撃たれた主人公、暫くして何事も無かったかのように復活
    ⚫2回目の爆破による都庁ビルの崩れ方が不自然
    ⚫2回目の爆破でビルが崩れる時の挿入歌が『Imagine』
    ⚫簡単にハッキングされる政府のネットワークセキュリティ
    ⚫人質にある状況下でクソ家族が朝美をメリットも無いのにテロリストに売る
    ⚫PASSCODEがPASSCORDになる致命的スペルミス
    ⚫屋上へ連れて行かれた人質とテロリスト残党のその後の描写無し
    ⚫『新春ドラマスペシャル』と言っておきながら設定はクリスマス
    ⚫総じてチープなCGクオリティ
    ⚫DVDが発売される

    by Koji 2018年1月5日 7:17 PM

コメントを残す




関連記事

Menu

HOME

TOP