生活保護はアルバイトやフリーランスの仕事をしながらでも受けることができる?

アルバイトやフリーランスの仕事をしながらでも生活保護を受けることができます。 生活保護の手続きと流れ
スポンサーリンク

アルバイトやフリーランスの仕事をしながらでも生活保護を受けることができます。

ただ、アルバイトやフリーランスの収入額によっては生活保護の申請が通らないことがあります。

アルバイトやフリーランスをしながらでも生活保護を受けることはできる

アルバイトしながら生活保護を受けられる

新型コロナの影響でアルバイトやフリーランスの仕事が減り、生活保護を申請する人が増えています。

皆さんの中にも、生活保護の申請を検討しているという方がいるのではないでしょうか?

中には

「アルバイトやフリーランスの仕事を続けながら生活保護を受けたい」

と考えている人もいるでしょう。

アルバイトやフリーランスをしながらでも生活保護を受けることは可能です。

生活保護の要件に「仕事やアルバイトをしていないこと」という項目はないからです。

生活保護という制度は最低限度の生活を保障するためのものです。

ですから、アルバイトやフリーランスをしていても、最低限度の収入を得ていないと判断される場合には、生活保護を受けることができるのです。

収入の額によっては生活保護が受けられない可能性もあります

アルバイトやフリーランスをしていても生活保護を受けることは可能です。

ただ、先ほども説明したとおり、生活保護は最低限度の生活を保障するためのものです。

ですから、アルバイトやフリーランスの収入がたくさんあり、最低限度以上の生活をしていると判断された場合には、生活保護を受けることはできません。

だいたいの目安としては、10万円前後までであれば、収入があっても、生活保護を受けることは可能です。

ただし、これはあくまで目安なので、状況によっては、それ以上稼いでいても生活保護を受けられることがあります。

気になる方は、近くの福祉事務所に相談に行くと良いでしょう。

アルバイトやフリーランスをしながら生活保護を受けることはできますか? まとめ

アルバイトやフリーランスを続けながらでも生活保護を受けることはできます。

なぜなら「仕事をしていないこと」という生活保護の条件はないからです。

ただ、あまりにアルバイトやフリーランスで得た収入が多いと、生活保護の申請が通らない可能性があります。

事前に、福祉事務所に問い合わせるなどして確認しておくとよいでしょう

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました